理事長挨拶

仙台オープン病院病院長

 公益財団法人仙台市医療センターは、仙台市及び仙台市医師会の出資により、昭和49年12月に民法上の公益法人として設立されました。当法人は、現在、仙台オープン病院、介護老人保健施設 茂庭台豊齢ホーム、茂庭台診療所、居宅支援センター豊齢の各施設を運営しております。

 仙台オープン病院は、昭和51年2月、全国初の公設民営型医師会病院として開設され、平成10年には全国第1号の地域医療支援病院として承認を受けております。平成17年には屋上ヘリポートを備えた免震構造の病棟の大改築と高度医療機器等の整備を行い今日に至っております。当院はこれまで高度医療、救急医療、健診事業の三本柱を中心に、我が国の地域医療のあり方を先導して参りましたが、平成23年10月には災害拠点病院の指定を受け、大規模災害時も含めた地域医療の拠点としての役割を担ってまいります。

 介護老人保健施設 茂庭台豊齢ホームは、平成元年4月、「仙台市茂庭台健康福祉エリア基本構想」に基づき、仙台市内初の老人保健施設として開設されました。医療と福祉の融合施設として、高齢者の自立と家庭復帰の援助、在宅ケアの支援、デイケア事業の推進など高齢者健康福祉活動の拠点としてその役割を果たして参りました。平成7年に認知症専門棟を併設し、平成12年には介護保険制度の発足を受け居宅支援センター豊齢を開設しました。

 平成23年4月1日より公益財団法人へ移行しており、今後とも一層の地域貢献・公益実現のため努力して参る所存でございまので、皆様には旧に倍するご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年6月

公益財団法人 仙台市医療センター
  理事長 中川 洋

ページの先頭へ戻る

Copyright © Sendai Open Hospital. All Rights Reserved.