採用案内

HOME > 病院のご案内 > 院長挨拶

院長挨拶

院長挨拶

仙台オープン病院病院長

仙台オープン病院は、昭和51年に紹介・外来型の医師会病院として設立し、地域医療支援病院のうち、 全国第一号として平成10年に承認されております。
その後も、時代のニーズに合った機能を備えるため、災害時にも医療機能を維持しつつ、 救急患者受け入れの対応を行えるよう、ヘリコプター離着陸施設を備えた免震構造の病院を新築いたしました。また、東日本大震災後には災害拠点病院に指定されました。

当院は設立当初から、仙台市医師会を始めとした「地域医療連携」に取り組んでおり、 登録医のご理解とご協力により患者さんの紹介率も常に80%以上を維持しております。
診療は、消化器病センター、循環器病センター、呼吸器病センターに多くのスタッフを配置し、専門性ある高度医療を行っております。また、栄養サポート、感染対策、褥瘡、口腔ケア、嚥下リハビリなどのチーム医療を通じて、病院内での患者さんの回復促進に勤めております。平成24年には歯科も新設致しました。

当院の救急センターは、年間約4,500台以上の救急搬送を受け入れており、仙台市の2次医療を担っております。また、平成30年には救急センター棟を含めた新病棟の完成を目指しております。
そして当院は従来から健診部門にも力を注いでおり、 大きな柱の一つとしております。
平成24年4月には人間ドック・健診施設機能評価Ver.2.0に認定されており、安全で質の高い健診施設として皆様にご利用いただいております。

当院の理念である『おもいやりのある心で信頼される優れた医療を提供します』を掲げ、地域の皆様に満足していただけるよう、職員一同努力しております。

院 長  土 屋   誉

ページの先頭へ戻る

シンボルマーク

平成12年にシンボルマークを作りました。これは鶴ヶ谷の地名からデザインされ、地域との連携医療を基本に、日本を代表する鶴で世界に羽ばたくこと、 21世紀への発展をイメージしております。また鶴の優しさ、気品とともに全体の形で安心、信頼感を示し、病院の理念を表しております。 理念思いやりのある心で信頼される優れた医療を提供します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Sendai Open Hospital. All Rights Reserved.