採用案内

HOME > 仙台オープン病院からのお知らせ

仙台オープン病院からのお知らせ

 

2019.03.20

早期アルツハイマー型認知症検査(VSRAD及び認知機能検査)を開始しました。

MRIを用いてアルツハイマー型認知症に特徴的に見られる海馬傍回付近の萎縮の度合いを検査するものです(VSRAD)。認知機能検査と併用して認知症のスクリーニングを行います。認知症を診断するものではありません。

2019.03.11

新天皇即位に関する休日の診療について

新天皇即位に関する休日の4月30日(火)から5月2日(木)までの期間の当院の診療につきましては、通常通りの診療となります。

2019.03.11

「循環器内科News」 更新されました。

2019年2月28日 糖尿病 UPDATE

当科の浪打成人が「心筋梗塞と糖尿病」の演題名で講演させていただきました。参加者26名と盛況でした。共催:田辺三菱製薬株式会社、第一三共株式会社。

———————————————————————————————-

2019年2月25日 第15回オープン健康講座

一般の方を対象としたオープン健康講座において、循環器病棟の慢性心不全看護認定看護師の伊藤綾が当院大会議室で「心臓にやさしい生活習慣」の題で講演させていただきました。参加者150名とたいへん盛況でした。主催:仙台オープン病院。

———————————————————————————————-

2019年2月22日 宮城県心不全呼吸療法カンファレンス

TKP仙台カンファレンスセンターで開催された宮城県心不全呼吸療法カンファレンスにおいて、当科の牛込亮一が「ASV使用症例に対する心不全チームの介入」の題で講演させていただきました。参加者35名と盛況でした。主催:帝人株式会社

———————————————————————————————-

2019年2月14–15日 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会

東京で開催された日本静脈経腸栄養学会学術集会で当科の浪打成人が「心筋梗塞症例における亜鉛濃度と予後との関係」の演題を発表しました。活発な討論となりました。

———————————————————————————————-

2019年2月9日 東北OCT研究会2019

TKPガーデンシティ仙台で開催された東北OCT研究会2019で、当院の臨床工学技士の田沢未森が「メディカルスタッフが考えるOCTの活用」の演題を発表、瀧井暢が当院でのOCT症例提示をおこないました。主催:アボットバスキュラージャパン株式会社。

———————————————————————————————-

2019年1月18日 The 8th Sendai / New Tokyo Live

仙台厚生病院で主催されているSendai / New Tokyo Liveにお招きいただき、当科の浪打成人がコメンテーターとして参加させていただきました。大変勉強になりました。

———————————————————————————————-

2019年2月5日 第24回心臓病カンファレンス

仙台オープン病院大会議室で心臓病カンファレンスを開催しました。今回は「開業されている先生方から御紹介頂いた症例の経過及び検討」というテーマで、当科の砂村慎一郎、野田一樹、浪打成人がそれぞれ牛込医院、木下内科クリニック、新田東クリニックからご紹介いただいた症例について発表させていただきました。参加者は25名で開業の先生方と症例を共有することができました。共催:トーアエイヨー株式会社。

———————————————————————————————-

2019年2月2日 第45回日本心血管インターベンション治療学会東北地方会

当科の浪打成人がメディカル優秀演題セッション研究部門の座長・審査員、ランチョンセミナーの座長を、瀧井暢がメディカルセッション「イメージング」とコーヒーブレイクセミナーの座長を務めさせていただきました。砂村慎一郎がメディカル優秀演題セッション症例部門で「OCTと血管内視鏡を用いて観察した川崎病の冠動脈後遺症の一例」を、浪打成人が一般演題で「心筋梗塞再発症例の特徴と再発部位の検討」の演題を、臨床工学技士の田沢未森が「血管内視鏡におけるホワイトバランス取得方法の検証」を発表しました。いずれの演題も興味を持っていただき、活発な議論となりました。

———————————————————————————————-

2019年1月17-18日 Singapore LIVE 2019

シンガポールで開催されたSingapore LIVE 2019に当科の瀧井暢が参加しました。

———————————————————————————————-

2019年1月12日 BOSO Interventional Conference 2019

千葉、鴨川の亀田総合病院循環器内科の松村昭彦先生にお招きいただき、当科の浪打成人がBOSO Interventional Conferenceに参加させていただきました。深夜に至るまでカテーテル治療の議論となり、大変勉強になりました。

———————————————————————————————-

2018年12月25日 循環器病棟クリスマス回診

10月のハロウィーン回診に続いて、循環器病棟で循環器内科・心臓外科合同クリスマス回診を行い、患者さんにお菓子をお配りしました。皆さんびっくりしていましたが喜んでいただけました。

———————————————————————————————-

2018年12月8日 第26回星陵循環器懇話会
当院研修医の丹野唯人が「OCTと血管内視鏡を用いて観察したplaque erosionによる急性心筋梗塞の一例」の演題を発表し、活発な討論となりました。

———————————————————————————————-

2018年12月7日 岩手リアルワールドライブ2018
岩手県立中央病院で開催された岩手リアルワールドライブ2018に当院の浪打成人と瀧井暢がお招きいただきました。瀧井暢はLive3のコメンテーターを、浪打成人はLive4の座長を務めさせていただきました。大変勉強になる会でした。

———————————————————————————————-

2018年12月1日 第167回日本循環器学会東北地方会
仙台国際センターで開催された日本循環器学会東北地方会で当科の浪打成人が「Type1心筋梗塞とType2心筋梗塞の予後」の演題を発表しました。

———————————————————————————————-

2018年11月29日 仙台循環器フォーラム
岡山大学循環器内科学教授の伊藤浩先生をお招きし、「第3の死因、thromboembolism、を考える」の演題でご講演いただき、当科の浪打成人が座長を務めさせていただきました。新田東クリニックの王文輝先生にはオープニングリマークスを、あきもとクリニックの秋元ヒロジ先生には当科の砂村慎一郎がさせていただいた基調講演の座長を、牛込医院の牛込康文先生にはクロージングリマークスをお願いしました。大変勉強になり、懇親会も楽しく過ごせました。参加者47名と盛況でした。主催:第一三共株式会社。

———————————————————————————————-

2018年11月22日 STOP CVD 2018

東北医科薬科大学と合同の研究会で当科の牛込亮一が「STOP心不全入院 〜多職種で取り組む心不全管理〜」の演題名で講演、浪打成人は座長を務めさせていただきました。参加者33名と盛況でした。主催:バイエル株式会社

———————————————————————————————-

2018年11月16–17日 Heart Failure Seoul 2018
ソウルで開催された心不全学会で当科の牛込亮一が「Recent Trends in Clinical Characteristics, Management and Prognosis in Patients with Symptomatic Heart Failure – A Report from the CHART Studies -」の演題を発表しました。

———————————————————————————————-

2018年11月6日 第4回仙台市病棟薬剤業務勉強会

当科の牛込亮一が仙台市内各病院の薬剤師さんの勉強会で「心不全の薬物治療とチーム医療 〜チームの中で病棟薬剤師に期待すること〜」の演題で講演させていただきました。主催:トーアエイヨー株式会社。

———————————————————————————————-

2018年10月31日 第一回東北心不全チーム医療勉強会

石巻市立病院の二瓶太郎先生に座長いただき、当科の牛込亮一が「心不全の基本と、今なぜチーム医療なのか」の演題で講演させていただきました。医師、看護師、薬剤師、理学療法士、ソーシャルワーカーなど多職種、41名が参加し、盛況でした。主催:トーアエイヨー株式会社。

———————————————————————————————-

2018年11月2日 Terumo PCI Seminar
仙台オープン病院心臓カテーテル室と会議室において、琉球大学の岩淵成志先生をお招きし、ワークショップを開催しました。複雑病変への冠動脈形成術2症例への治療とランチョンセミナーでご講演いただきました。東北地方のインターベンショナリスト7名と当院のスタッフが参加し、活発な議論がなされました。
主催:テルモ株式会社。

———————————————————————————————-

2018年11月1日 仙台オープン病院特別講演会
東北大学循環器内科教授の下川宏明先生をお招きし、「超高齢社会と循環器疾患」の題でご講演いただきました。循環器疾患全般、また認知症にいたるまで広くデータを示していただき、大変勉強になりました。参加者47名と盛況でした。

———————————————————————————————-

2018年10月31日ハロウィーン
循環器病棟で循環器内科・心臓外科合同ハロウィーン回診をして、患者さんにお菓子を配りました。皆さんびっくりしていましたが喜んでいただけました。

———————————————————————————————-

2018年10月25日CCT2018 (Complex Cardiovascular Therapeutics)
神戸で開催されたCCT2018で当科の瀧井暢が「A case of chronic total occlusion which was success by ipsilateral channel injection with jointed Y connector system」の演題を発表しました。

———————————————————————————————-

2018年10月12–14日APAC Physiology Great Minds Course 2018
シドニーで開催されたAPAC Physiology Great Minds Course 2018に瀧井暢が参加、生理的虚血評価について学び、今後の臨床に直接活かせる知識を得てきました。

———————————————————————————————-

2018年10月10–12日 第22回日本心不全学会学術集会
東京で開催された日本心不全学会で当科の牛込亮一が「初回心筋梗塞後mid-range EF患者の心不全発症の検討」の演題を発表しました。

———————————————————————————————-

2018年10月5日 第29回宮城県心筋梗塞対策協議会
東海大学教授の伊刈裕二先生にも参加いただき、仙台医療センター尾上紀子先生、宮城県立がんセンター加藤浩先生、長命ヶ丘内科クリニック黒澤和彦先生とともに「ACSによる抗血栓療法を再考する」をテーマにパネルディスカッションがおこなわれました。当科の浪打成人は仙台赤十字病院の杉村彰彦先生と座長を務めさせていただきました。参加医師63名と盛況でした。

———————————————————————————————-

2018年10月5日 宮城心血管インターベンションネットワーク討論会(MIND)
当院の瀧井暢が代表世話人となり上記会が発足しました。第一回としてPCIのトラブルケースを共有してより良い治療につなげるための討論会が開催されました。宮城県内の若手インターベンショナリストが集まり、参加者40名と盛況でした。

———————————————————————————————-

2018年10月
原著論文「急性非代償性心不全患者の予後判定におけるGlasgow Prognostic ScoreとBNP濃度の比較」が日本静脈経腸栄養学会誌に掲載されました。日本静脈経腸栄養学会雑誌 33(4): 1–7, 2018

———————————————————————————————-

2018年9月29日 仙台PTCAネットワークライブ2018

当院の瀧井暢がVideo Live Demonstration Sessionに術者として参加し、努力賞をいただきました。仙台PTCAネットワークライブの過去の記録ビデオで加藤敦先生を偲びました。当院の浪打成人がランチョンセミナー座長を務めました。

———————————————————————————————-

2018年9月26日 CDC

当科の新たなスタッフとして野田一樹先生が、臨床工学技士として跡部さんが加わりました。循環器内科・心臓血管外科・コメディカル合同の歓迎会を開きました。

———————————————————————————————-

2018年9月22日 第215回日本内科学会東北地方会

仙台で開催された内科学会東北地方会で川原翔太が「急性心筋梗塞と急性膵炎を併発した一例」の演題を発表しました。

———————————————————————————————-

2018年9月21日 第一回心不全ハートチーム地域医療連携セミナー

新田東クリニックの王文輝先生に座長をお願いして、当院の牛込亮一が「多職種からなるハートチームによる心不全管理 〜心不全再入院抑制を目指した当院の取り組み〜」の演題で講演を、また横浜共済病院の鈴木誠先生をお招きして「チーム医療による心不全管理のパラダイムシフト –この時代に求められるうっ血治療−」の演題でご講演を頂きました。当院のスタッフも大変勉強になり、モチベーションも上げることができました。開業医の先生方、スタッフさん、勤務医の先生方など参加者59名と盛況でした。主催:大塚製薬株式会社

———————————————————————————————-

2018年9月7–9日 第66回日本心臓病学会学術集会

大阪で開催された日本心臓病学会に瀧井暢が「Primary PCIが施行された初回心筋梗塞症例においてObesity paradoxは存在するか」の演題で、浪打成人が「心筋梗塞急性期の血清亜鉛濃度」の演題で発表しました。浪打成人が冠攣縮のセッションでディスカッサントとして参加しました。

———————————————————————————————-

2018年8月25–29日 ESC Congress 2018

ミュンヘンで開催されたヨーロッパ心臓病学会に浪打成人が参加、勉強してきました。


———————————————————————————————-

2018年8月2–4日 第27回日本心血管インターベンション治療学会学術集会

神戸で開催されたCVIT総会で当科の瀧井暢が「PCI関連心筋梗塞患者の特徴」、浪打成人が「糖尿病は急性冠症候群の再発に強く影響する」の演題で発表しました。

———————————————————————————————-

2018年7月21日 第44回日本心血管インターベンション治療学会東北地方会

山形で開催されたCVIT地方会で当科の浪打成人が「高齢者に対するPrimary PCI」の演題を発表しました。


———————————————————————————————-

2018年7月3日 第23回心臓病カンファレンス

仙台オープン病院大会議室で心臓病カンファレンスを開催しました。当科の川原翔太が「高TG血症を契機とした急性膵炎を併発した急性心筋梗塞の一例」の演題で、浪打成人が「心房細動の薬物療法」の演題で講演させていただきました。参加者53名と盛況でした。共催:トーアエイヨー株式会社。

———————————————————————————————-

2018年6月22日 第8回豊橋ライブデモンストレーション

豊橋で開催されたライブで当科の瀧井暢が分岐部コースのコメンテーターとして出席、討論に積極的に参加しました

———————————————————————————————-

2018年6月21日 仙台市消防局・黒川地域消防本部 症例検討会

仙台オープン病院大会議室で仙台市消防局・黒川地域消防本部の症例検討会が開催され、当科の浪打成人が「モニター心電図の読影」について講演させていただきました。参加者153名と盛況でした。


———————————————————————————————-

2018年6月2日 第166回日本循環器学会東北地方会

盛岡で開催された日循東北地方会で当科の浪打成人が「心疾患の血清亜鉛濃度」の演題を発表しました。


———————————————————————————————-

2018年5月26–28日 ESC Heart Failure 2018

ウィーンで開催されたESC Heart Failureで当科の牛込亮一が、「The influence on the onset of heart failure in patients with preserved, mid range and reduced ejection fraction after first-time acute myocardial infarction.」の演題を発表しました。


———————————————————————————————-

2018年5月31日 CTO Hands-on Workshop
仙台オープン病院心臓カテーテル室と会議室において、豊橋ハートセンターの土金悦夫先生をインストラクターにお迎えし、当科の瀧井暢が術者となってCTOワークショップを開催しました。東北各地から15名のインターベンショナリストに参加いただき、活発なディスカッションとなりました。


 

———————————————————————————————-

2018年5月16日 第14回黒川臨床研究会
公立黒川病院に当科の浪打成人がお招きいただき、「心房細動における血栓塞栓症予防」の演題で講演させていただきました。参加者65名と盛会でした。

———————————————————————————————-

◆2018年3月

日本循環器看護学会誌 13(2): 29–36, 2018 に掲載
当院循環器病棟の伊藤綾(慢性心不全看護認定看護師)の原著論文「看護師による生活指導介入は心不全患者の再入院リスクを軽減する」が日本循環器看護学会誌に掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.07

第42回仙台オープン病院ICLSコースを2019年5月11日(土)に開催いたします。

第42回仙台オープン病院ICLSコースを2019年5月11日(土)に開催いたします。参加ご希望の方は、下記ポスター(PDF)にて詳細をご確認の上、下記担当者までメールにてお申込みください。

ICLSポスター(院外インスト)
ICLSポスター(院外受講者)

*「ICLS」とは 「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語です。突然の心停止に出会った時にどのように対処すべきか、というコースの学習目標を端的に示しています。心停止はどの医療機関のどの部署においても起こりうるもので、いったん発生すれば蘇生を開始するまで少しの猶予もありません。まさに「Immediate(すぐに、間髪をおかない)」な処置が必要となるのです。心停止直後の処置には、あらゆる医療者がチームの一員として参加し、蘇生を行うことが求められています。ICLSコースでは、あらゆる医療者が身につけておくべき、蘇生の基本的事項を習得できるようにしています。
*********************************************************************
(公財) 仙台市医療センター 仙台オープン病院
総務課 : 渋谷 陽子   TEL 022-252-1111 (内線4503)
E-Mail : icls@openhp.or.jp
*********************************************************************

ページの先頭へ戻る

Copyright © Sendai Open Hospital. All Rights Reserved.