臨床検査室

はじめに

私たち臨床検査室スタッフは、当院の運営方針である「高度医療・救急医療・予防医学を中心とする良質な医療」の実践を念頭に、日々の業務に取り組んでおります。また、医療人としての資質の向上を目指し、各種認定資格の取得など日々研鑽に努めております。

理念

  • 日々研鑽を積み、正確な情報を提供し、信頼される医療に貢献します。
  • 「患者さんの立場に立った検査」を常に考え続けます。

ページの先頭へ戻る

スタッフ構成

臨床検査技師18名、事務員2名、臨床検査担当医師1名、病理診断科医師1名で業務に携わっております。

ページの先頭へ戻る

業務内容

患者さんからの採血や、内視鏡や手術などで採取した検体を詳しく調べる検体検査、患者さんの体を直接調べる生理検査、臨床検査技師としての知識技術をいかしたチームでの医療を行っております。

検体検査部門

「臨床検査データが標準化され、かつ、精度が十分保証されている施設」として、精度保証施設の認証を取得しております。検査体制としては、昭和61年救急センター開設時より緊急時検査を24時間体制で行っており、現在では休日でも平日とほぼ同様の検査に対応できる体制を確立しております。平日業務においても、早朝検査を実施し入院患者さんの採血検査は朝8時半まで、外来検査に関しても、主要項目は30分前後で結果報告し、診察時には結果が届くよう対応しております。

主な実施検査
  • 血液一般検査
  • 血液凝固検査
  • 生化学検査
  • 免疫血清検査
  • 尿・髄液一般検査
  • 便検査
  • 感染症検査

輸血部門

24時間体制で、輸血用血液の保管管理、輸血関連検査など輸血に関する業務を一元管理し、安全な輸血の推進に努めております。

主な実施検査
  • 交差適合試験
  • 血液型検査

病理検査部門

院内外からの、内視鏡や手術などで採取された組織の病理組織標本作成はもとより、手術時の迅速検査や病理解剖介助にも対応しております。

主な実施検査
  • 病理組織診断(生検、手術検体、術中迅速診、剖検)
  • 免疫組織化学検査
  • 分子生物学的検査(コンパニオン診断)

生理検査部門

医師と共に年間16000件の超音波検査を実施し、腹部超音波検査では年間10000件を超える検査数となっております。

主な実施検査
  • 循環機能検査(心電図、負荷心電図、24時間心電図、足関節上腕血圧比、心臓足首血管指数)
  • 肺機能検査(スパイログラム、機能的残気量、肺拡散能力)
  • 睡眠時無呼吸検査
  • 骨密度
  • 超音波検査(腹部、心臓、乳腺、下肢動静脈など)

チーム医療への貢献

採血データなどの解析を通じて栄養管理チームに参加しております。
細菌検査解析を行い、院内感染対策チームに参加しております。
外来スタッフと協働し、採血業務を行っております。

ページの先頭へ戻る

認定資格

  • 二級臨床検査士(日本臨床検査医学会・日本臨床検査同学院 )1名(循環生理学)
  • 二級臨床検査士(日本臨床検査医学会・日本臨床検査同学院 )1名(呼吸生理学)
  • 超音波検査士(一般社団法人日本超音波医学会) 8名 (消化器領域:5名、循環器領域:5名、検診領域:1名)
  • 乳房超音波検査認定(日本乳がん検診精度管理中央機構) 3名
  • 血管診療技師(血管診療技師認定機構)2名
  • NST専門療法士(一般社団法人日本静脈経腸栄養学会)3名
  • 緊急臨床検査士(日本臨床検査医学会・日本臨床検査同学院 )1名

ページの先頭へ戻る

所属学会

  • 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会
  • 一般社団法人日本臨床検査医学会
  • 一般社団法人日本静脈経腸栄養学会
  • 一般社団法人日本輸血・細胞治療学会
  • 一般社団法人日本環境感染学会
  • 一般社団法人日本超音波医学会
  • 一般社団法人日本心エコー図学会
  • 一般社団法人日本病理学会
  • 特定非営利活動法人病理技術研究会

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

Copyright © Sendai Open Hospital. All Rights Reserved.