HOME > 病院のご案内 > 医療技術部門の紹介 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

はじめに

当院には脳血管外科や神経内科、整形外科などの診療科がないこともあり、リハビリテーション室は設置されておりませんでした。しかし昨今の高齢化社会において、手術対象患者様の高齢化も目立っており、また治療中に廃用症候群や摂食・嚥下機能障害を生じてしまう患者様も増加しています。そのため平成22年にリハビリテーション室が開設されました。

ページの先頭へ戻る

理念

各自がリハビリ職の専門性を発揮し、また各部門との連携を図ることでチーム医療のさらなる発展を目指す。

患者さんにおいては、担当療法士とのリハビリテーションの時間だけに限らず、入院生活における食事やトイレ移動などのひとつひとつの動作が退院後の生活につながるよう、病棟と協力してリハビリテーションに取り組んでいます。また、医師や看護師、各専門職とのカンファレンスを定期的に開催し、できるだけもとの環境に、できるだけもとの状態で退院できるようリハビリテーションを実施しています。もとの環境への退院が困難な場合にも、医療福祉相談員や退院支援認定看護師と連携しよりよい状態で退院できるよう、または退院先でのリハビリテーション継続につながるよう、支援を行っています。

ページの先頭へ戻る

スタッフ構成

リハビリテーション室は、理学療法士3名、作業療法士1名、言語聴覚士2名で構成されています。

ページの先頭へ戻る

業務内容

理学療法士・作業療法士

理学療法は主として起きる、立つ、歩くなどの基本的動作能力の改善を目指します。作業療法は主として食べる、着替える、排泄するなどの応用的動作能力、または社会適応能力の改善を目指します。当院の理学療法士、作業療法士は安静を余儀なくされていた患者様に対しての初めての起きる練習から、歩行や日常生活動作の練習など、ひとりひとりの患者様のニーズに合わせたリハビリテーションを提供しております。また退院される環境を想定しての動作練習や、ご家族様への介助方法の指導なども随時実施しております。

言語聴覚士

言語聴覚療法はコミュニケーション機能や摂食・嚥下機能の改善を目標にリハビリテーションを行います。当院の言語聴覚士は、摂食・嚥下障害看護認定看護師と連携し摂食嚥下に特に力を入れて取り組んでおります。近年増加している誤嚥性肺炎を予防できるよう多職種と連携しながら嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査、リハビリテーションを行っています。好きなものを安全に、少しでも食べられるように、退院後の生活環境も考慮して関わっています。また、高次脳機能障害に対する検査やリハビリテーションも実施しております。

対象疾患

  • 消化器系がんやその他消化器疾患の手術前後
  • 肺炎やCOPD等の呼吸器疾患
  • 心臓血管外科の手術前後
  • 消化器疾患や循環器疾患等の内科治療後の廃用症候群 他

ページの先頭へ戻る

業務実績(2015年度)

リハビリテーション新規介入患者数

  • 脳血管疾患等リハビリテーション 461名
  • 呼吸器リハビリテーション    64名
  • がん患者リハビリテーション   89名

ページの先頭へ戻る

認定資格

  • 介護支援専門員 1名
  • 呼吸認定療法士 1名

ページの先頭へ戻る

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅡ
  • 廃用症候群リハビリテーションⅡ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • がん患者リハビリテーション
  • ※心大血管リハビリテーションの開設に向けて準備中

ページの先頭へ戻る

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 宮城県理学療法士会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本作業療法士協会
  • 宮城県作業療法士会
  • 宮城県言語聴覚士会
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

Copyright © Sendai Open Hospital. All Rights Reserved.